ジュニアユース試合結果

U13PL VS サンフレッチェびんご
U13TRM VS シーガル広島
YL3部 VS八次中
YL3部 VS 十日市中学
YL3部 VS青崎FC2
YL 3部リーグ VS 福山FC(三次運動公園多目的)
U13TRM VS J-岡山
U14 CY vs五日市FC
U14 クラブユース vs川内、vsNAKAHIRO
U14 YL3部 vs 高陽2
U14 TRM vs 尾三PS、WF
U14 TRM vs Sol Tasoro
U14 YL3部 vs八次中
U14 YL3部 vs FURUTA 2
U13PL vsサンフレッチェくにびき
U14 YL3部 vs青崎2
U14 YL3部 vs九嶺FC
U14 セレソンカップ
U14 TRM アルコバレーノ
U13PL VS サンフレッチェびんご


前→
U14 セレソンカップ
2018/10/06
毎年とても楽しみにしているセレソンカップ。
どんな選手が、どんな成長をどんなタイミングでみせてくれるのか、とても楽しみな3日間です。

しかし一番に大切なことは”ここでの結果”を求める事ではなく、この先のリーグ戦へ向けてチームを怪我なく仕上げていくことです。その中で結果もついて来れるように戦うことがテーマでした。
3日間を通して最も顕著だったのは、4月から始動してトレーニングとして行ってきたことの理解と、サッカーに対するモチベーションのところでした。基本的なチームのゲームモデルとして設定している約束事がまだ理解できていない選手も数人いれば、FC今治戦のような、対戦相手によって新しく構築したゲームモデルを素早く理解してプレーできる選手もいて、まずここの部分でかなり差がついていることが試合に出れる出れないのところと強く繋がっていると感じました。
選手たち自身でも必要なときに必要な場所にいないチームメイトに対して細かく言語化したうえで強く要求している場面が見れたことには満足しています。

チームとしてよりも個人としての課題や、今後より一層取り組んでいくべきことが多く、主にボールのないところでのサッカーに100%でやれているか。
ボールのない時間でもしっかりサッカーをプレーできているか。サッカーをしていない時間にどれだけサッカーをやれているか。
ボールが中心のサッカーでも、一番大事なのはボールがない時間なわけで、そこにモチベーションをもって取り組めるかがこの先の成長にかかっていますし、こちらもこれまでと変わらずそこに注力していきたいと思っております。


大会を行うにあたってご協力頂いた保護者の皆様、台風の中参加して頂いたチームの皆様、ありがとうございました!

以下試合結果
vs M.SERIO 3−2
森原、田原(日野)、広畑

vs グランザ下松 1−0
広畑(春名)

vs AZALEA三田  4−0
下宮2(原園、鳥居)、広畑(小原、佐藤光)

vs 山口SC 1−2
小原(田原)

vs Elsol y TresTesoro 1−2
森原(佐藤光)

vs FC今治 0−0

vs シーガル広島 0−2

vs ゼブラ 3−1
広畑(原園)、丸木2(森原)

vs FC今治 0−1

vs SSS山口 1−0
田原(丸木)

セレソンカップトーナメント:3位
優秀選手:佐藤莉空